【再掲載】【支所含まない】「持続的企業価値向上の経営実務」、「経営者が語る経営哲学の授業」 事前エントリー制講義について

2022年5月24日

J3(2019年期生) 各位

J3生を対象に6月11日(土)「持続的企業価値向上の経営実務」、「経営者が語る経営哲学の授業」の2科目についてライブ講義を実施します。

なお、本講義は、会場実施と同時刻に、Microsoft teamsを使ってオンラインライブ講義の形態で参加できます。
オンラインライブ講義参加希望者は、以下の登録フォームから「オンラインライブ講義」を選択して事前エントリーしてください。※オンラインライブ参加は定員になり締切ました。

参加締切を延期しました。定員になり次第受付を終了します。登録期限は、5月30日(月)13:00までとなりますが、定員になり次第申込締切となります。

※下位学年受講希望者はこちらからエントリーください。

1.持続的企業価値向上の経営実務
講師:武内 徹 氏(元日東電工株式会社CFO)

【講義概要】

企業や資本市場の国際化に伴い、各国の開示基準の収束が図られてきた。
また、ITツールの進化によりデータ処理の量・質が格段に向上すると共に、 誰でも意見を発信する機会を得た。
企業はこれまで価値を創ることで評価されてきたが、今ではそれを如何に伝えるかによって活動の幅が変わってくる。
このような中で企業のリーダーは何を考え、 どのような行動を通して企業価値を高めてゆこうとしているのかを理解して、 開示資料作成の判断の一助とする。

2.経営者が語る経営哲学の授業
講師:和田 成史 氏(株式会社 オービックビジネスコンサルタント 代表取締役社長)

【講義概要】

今世界では、クラウドやAI、IoT、ロボティクスなどのITの劇的な進化によって、「第四次産業革命」や「Society5.0」とまで呼ばれる、大変革時代を迎えています。
すべての企業は、この変化に対応するために、経済活動をデジタル化し、蓄積したデータを利活用することで、新たなビジネス価値を創造する、「デジタルトランスフォーメーション(DX)」と呼ばれる活動が求められています。
本講義では、株式会社オービックビジネスコンサルタントを創業し、代表取締役社長である公認会計士和田成史氏が、起業から現状に至るまでの経営における志、また、経営環境の大きな変化や不測の事態への対処などの経験談、さらに、今起きているIT進化の状況と、今後の次世代会計や次世代監査などについて解説します。

3.申込

【東京実務補習所】

NO科目名実施日曜日開始時間対象会場事前エントリー
持続的企業価値向上の経営実務2022/6/119:00~J3公認会計士会館登録フォーム
定員になり次第
受付を終了します。
経営者が語る経営哲学の授業2022/6/1113:00~J3公認会計士会館登録フォーム
定員になり次第
受付を終了します。

注意事項

※ 来場時・受講時にマスクの着用をお願いします。
※ 発熱・咳・倦怠感・息苦しさ・味覚の違和感等体調が優れない方の来場は禁止といたします。
※ 発熱(37.5度以上)、咳等の風邪症状がある場合は受講をお控えください。

※ 服装はビジネスカジュアルを認めますが、こちらを参考の上、良識の範囲内で対応ください。
※ 本講義は事前エントリー制であり、申込みをしていない補習生は受講できません。